経口避妊薬をPMDDの治療に使いたい場合の買い方

PMS(月経前症候群)の症状には、頭痛や腹痛、肩こり、腰痛などといった身体に現れる症状のほかに、物事に集中できなかったり、イライラが止まらなくなるなどの精神的な症状もあります。
月経前に精神的に不安定になるのは女性であれば誰もが経験しうることですが、この症状の程度が重く、なおかつ1年以上にわたって続く場合には、医師からPMDD(月経前不快気分障害)と診断されることがあります。
PMDDは精神的な症状であるため、治療ではうつ病の患者にも用いられているSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が用いられる事が多いですが、この他にも、避妊薬として使用されることが多い低用量ピルも用いられることがあります。
もし、PMDDの治療を目的として経口避妊薬を手に入れたいのであれば、正規の買い方は婦人科を受診することです。
経口避妊薬は医師の処方箋がないと薬局で買うことができないため、一度は病院か診療所に行って診察を受ける必要があります。
また、この買い方を用いる場合は、薬の費用だけでなく、病院や診療所での診察料や薬局での調剤料などの諸費用のことも考えてお金を用意しなければなりません。
もし、薬代以外の費用の負担を減らしたいと考えているのであれば、外国製医薬品の個人輸入代行サービスを利用する買い方が有効です。
このサービスを運営しているインターネットサイトでは、国内で製造・販売されている製品より安い値段で外国製の避妊薬を取り扱っていることも多く、送料などの諸費用を加えても、国内で正規の方法で入手するより出費を抑えられる可能性が高いです。
また、正規の方法だと薬局では処方箋で示された日数分しか購入できませんが、個人輸入代行サービスを利用するとある程度まとめ買いをすることができるので、PMDDが再発したときに備えたいときにも便利です。